医学部の受験必勝法|個別指導で徹底的に苦手を克服

ウーマン

ゼミと合宿の施設選び

男女

大学に入ると、いずれかのゼミに所属し勉強することが通常である。これらのゼミにおいて泊まり込みで学習するのがゼミ合宿である。ゼミ合宿を行う場合、人数を収容できる会議スペースや設備の充実度が場所選びで重要になる。

もっと読む

合格率を上げるために

医者

独学で医学部に合格するために頑張っている方は、さらに高いランクを目指すためにも予備校に通ってみてはどうでしょう。地元の医学部に対応したところがない方は、通信制を利用すれば、自宅で予備校と同じレベルの勉強ができます。

もっと読む

医学科入試の英語のコツ

女性

出題数と形式の特徴とは

医学部入試では理系科目だけでなく文系科目の英語も非常に難しい傾向にある一方、英語が受験の合否を決めるともいわれるため、しっかりと対策を練っておくことが大切です。多くの大学に共通する英語の問題の特徴として、出題数が多く形式も様々で総合的な力が試されるということが挙げられます。出題数については、記号問題と記述式を混ぜ合わせた問題が並べられ、最近ではリスニング問題を加えた出題もよく見られます。中にはすぐには解けない高度な問題も多くありますが、記号問題のように比較的解答しやすい問題から手を付けて得点を稼ぐことが医学部受験には欠かせません。以上のように、医学部受験の際の英語問題では出題数が多く、読解からリスニングまで複数の英語力を試すという特徴があります。

多様な形式が増えた理由

近年、日本の大学では特に英語入試の出題方法が多様化している傾向にあり、医学部入試においても同じことが言えます。この背景には、総合的な英語力を磨く必要性が高まったため、大学受験の段階で英語を使いこなせる学生を選びたいという大学側の考えがあります。海外交流が増えつつある現代社会では医学の世界もその例外でなく、海外から看護師や医師を招いてともに仕事を進めたり、国外の学会に日本の医師が参加することも少なくありません。そのため、大学は高い英語力を持った学生を積極的に医学部に入学させるため、最近の受験ではコミュニケーション力となるリスニングやスピーキングの問題を出すことが増えています。上述したように、グローバル化という社会の変化から大学側が英語力を持った学生を求めるようになり、入試問題の形式も様々になっています。

自分をアピール出来る場

女の人

大学入試で書く志望動機書は、学びたい内容に対する動機と学校に対する動機の2種類を具体例を挙げて書く必要があります。具体例を挙げることで、内容の濃い文章を書くことが出来ます。書き方は、まず結論から書き、具体例を挙げ、最後にもう一度結論を書くことでまとまりのある文章となります。

もっと読む